FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

便利なめんつゆをもっと便利にしてみる

ウチで作るめんつゆは栗原はるみさんのレシピです。
栗原はるみさんの雑誌を買った時についてきたとじ込み付録に載っていたレシピで、もう3年半程このレシピで作っています。

20170315-1.jpg

このめんつゆ、家族には大好評。こどもたちも、このめんつゆを使って作ったおそば、うどんはおつゆまで全部飲みほします。
煮物のベースにしたり、お茶漬けの出汁にちょっと足してみたり、お豆腐にかけたり、卵かけご飯にかけたりと用途が広いのでかなり便利。よく作ります。そして今の時期は麦茶ポットに保存。

レシピもとても簡単で、こんな感じです。↓

材料:しょうゆ1カップ、みりん1カップ、砂糖大さじ1、だし汁4カップ
(出来上がり6カップ分)

①みりんを一煮立ちさせ弱火で2~3分煮詰める
②しょうゆ、砂糖を加え、さらに弱火で2~3分煮詰める
③だし汁を加える

と、3工程。簡単です。
よく使うので冷蔵庫にいつでもスタンバイさせておきたいのですが、だし汁(水分)が入るので日持ちが心配。1週間~10日くらいで使い切るようにしています。
使い切ったらすぐに作っておけばいいんでしょうけど、いったん使い切ると次使う時になるまで作らないのが私。
で、「あー、今めんつゆがあればー。すぐにうどんが食べれるのに・・・」とか「肉じゃがの味付けラクなのに・・・」と思う事ちょいちょいありました。

このめんつゆ、冷蔵庫にスタンバイしておいてもらわないとこまるー

ということで、常にスタンバイしてもらうためにアレンジしました。
水分入れなければ日持ちするんだよねー?なら水分は入れなければいいんじゃん。
ということで、こんな風にしてみました↓

①みりんを一煮立ちさせ弱火で2~3分煮詰める
②しょうゆ、砂糖を加え、さらに弱火で2~3分煮詰める
だしを加えて2~3分煮る。

「だし汁」ではなく「だし」だけを加えることにしました。うちのだしは、「だしパック」です。
作っためんつゆは、使う時には水を足すだけ。桃屋のつゆのような感じです。

20170315-2.jpg
・・・なつかしい

お料理に詳しい方からすれば、こんなことで・・・と思われそうですが、それに気づかず3年半、毎度毎度もっとラクにならないものかなぁーと思いながらも作り続けていたものですから、私からしたら

大発見

な出来事でした。

このお手製桃屋のつゆで、めんつゆを作る時間と手間、わずかですが少なくする事ができました。


今日も見に来てくれてありがとうございます。
↓ひと押しお願いします^^

にほんブログ村




参考になるトラコミュは・・・
暮らしを楽しむ  時短家事の工夫  超!かんたんレシピ  おうちごはん 


関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

2度目のこんばんは。うちのだしは、だしパック、生協のだしの素、リケンの化学調味料、食塩を無添加、素材力だしを使いわけしています。生協のは、うどん、そうめんのおつゆを作る、だしPは、料理に、そのだしが少し足りないときは、リケンのを使い増やしています。だしPだけのときよりいろいろと安定?しています。では、また。

Re: No title

山本さん
2度目のおはようございます。コメントありがとうございます。
山本さんはだしをたくさん使い分けてらっしゃるのですね。
たしかにだしパックだけだと心もとない気がしていました!そうです、足りないなっていうときに手間取ってました。
だしパックだけでがんばろ。と思っていましたが、粉末のだしも用意しておこうかなー
一つにこだわらずに臨機応変に。ですね。アイデアありがとうございます!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yo-haru

Author:yo-haru
8歳、3歳のこどもがいます。会社員せいかつをしばしお休み中。2017年5月から自宅で仕事を始めました。毎日があわただしい(^^ゞ


めざせ納得する生活!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ
にほんブログ村 ミニマリスト

follow us in feedly

ブログ村

アクセス数



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。