FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いま一度、泥汚れについて考えてみる。もっと洗濯をラクにしたいんです。

毎日毎日毎日毎日・・・子どもたちはよく遊んでいます。
だいぶ日も延びてきて外で遊ぶ時間も長くなりました。次男も保育園では外で遊ぶ時間が多いようです。
真っ黒に日焼けして健康的でおかーさん的にはうれしい。ですが、

泥汚れがハンパないー

子どもも泥だらけですが、洋服も泥だらけ。洗濯前の予洗いが欠かせないです。
子どもは洗えば汚れが落ちるけど、洋服は洗濯機に放り込んだだけじゃ汚れは落ちません。
いつもお風呂に入るついでに予洗いするのですが、手に洗濯物を持たないでお風呂に入らない日はない。って感じです。
週末はそれに上履き、運動靴もプラスされます。

もうお風呂に入ってるんだか、洗濯してるんだか

って感じです。
泥汚れから少しでも解放されたいー!!!
これは一度泥汚れの洗濯についてもっとよいラクな洗濯方法を調べてみる必要があるんじゃないかと思いググってみました。
調べ出したら出るわ出るわ。想像以上に泥汚れについて書かれているサイトが出てきて、みなさんちゃんと考えて洗濯しているんだなーと勉強になりました。

20170623-1.jpg

そもそも泥汚れの認識について間違っていました。

泥は水や洗剤では溶けない。

ここから間違っていました。
ワタクシ、泥汚れはとにかく一刻も早く!と水につけていました。
溶けるかななんて思って。
水につけることはむしろ逆。繊維の奥の奥まで泥や砂を入りこませて汚れを落としにくくしてしまうらしい。

そもそも汚れには大きく分けて3種類あるそうです。

・水溶性の汚れ
・油溶性の汚れ
・不溶性の汚れ

です。

泥汚れは「不溶性の汚れ」になるそうです。読んで字のごとく、水には溶けない。

泥汚れは、洋服の繊維の間に泥や砂が引っかかっている状態のことだそうです。
つまり泥汚れを落とすというのは、その小さい泥んこや砂を繊維の間から取り除くってことになります。

なるほどー。と思いました。

泥んこをかき出せばきれいになる。

わかりやすーい。

で、具体的にどうすればいいんだ?というと、簡単

叩きおとす。

単純です。
濡れていたらよーく乾かして泥をカラッカラにしてから叩く。
洗濯ブラシなるものもあるようで、そういうブラシや歯ブラシで泥を取り除く。
取り除ける泥や砂は、取り除くだけ取り除いてから洗濯。が基本のようです。

その後は、固形石鹸を使うといいそうですよ。
固形石鹸を泥汚れの所に塗りこむと、叩いて取り除ききれなかった泥や砂を石鹸の成分が包み込んでくれて、洗濯した際に繊維からはがれ落ちやすくしてくれるそうです。

単純だと思っていた泥汚れ、調べてみると奥が深かったです。

こういう日常の何気ないこと、調べ直してみると違ってたってこと、今の私のせいかつの中にはたくさん出てきそうです。
見直したことでラクになったり時短になったりすれば儲けものですよね。
当たり前だと思っていたことを、改めて調べ直してみる、見直してみるって大切なんだなーと実感した出来事でした。
小さなことでもアップデートしていって少しでもせいかつをラク~に楽しくしていきたいです。


今日も見に来てくれてありがとうございます。
↓ひと押しお願いします^^

にほんブログ村




参考になるトラコミュは・・・
暮らしを楽しむ  すっきり暮らす  時短家事の工夫  暮らしの見直し 


follow us in feedly
関連記事
スポンサーサイト

コメント

なるほど

長靴の底についた泥を乾燥させてから叩き落とすのと同じですね。なるほどと思いました。

Re: なるほど

senri32さん
そうですそうです!そんなイメージです。めちゃくちゃわかりやすいです。
あぁ、ブログを書く前に私にもそういう表現が思いついてほしかった(笑)
しかし調べてみると、そうなんだ!ということが世の中にはまだまだたくさんあるんだな。と勉強することっていくらでもあるんだなと痛感します。
いつもコメントありがとうございます!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yo-haru

Author:yo-haru
8歳、3歳のこどもがいます。会社員せいかつをしばしお休み中。2017年5月から自宅で仕事を始めました。毎日があわただしい(^^ゞ


めざせ納得する生活!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ
にほんブログ村 ミニマリスト

follow us in feedly

ブログ村

アクセス数



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。