FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転職してみた-iDeCo さてこの手数料は何?-

前回はiDeCoに関係する機関がわかったところで終わりましたが、今回は手数料の内訳について調べていきたいと思います。
「他制度への移換金 お振込のご連絡」に書かれていた手数料は、

事務手数料
記録関連運営管理機関手数料:0円
運営管理機関手数料:4320円
資産管理機関手数料:378円
合計 4,698円

となっていました。
ふーん、いい額取るね。と思いましたが、この手数料、移換元と移換先どちらにかかるモノなんだろう?
・・・もー、それすらわからんって感じなのです。

間違いはないと思うのですが、もし間違って余計な手数料を取られてるなんてことがあったらイヤなので、この手数料が正しいモノなのか調べてみました。

移換手続きをする時にSBI証券では手数料無料キャンペーン中だったのでかかった手数料は、0円のはず。
SBI証券からもらったパンフレットに入っていた必要諸経費一覧を見ても移換手続きの際に移換先にかかる手数料は0円なのが確認できました。
ということは、この4,698円は移換元に支払われた手数料のようです。
移換元の規約を調べてみると、運営管理機関に移換手数料4,320円、資産管理機関に移換手数料378円支払うとありました。
・・・よしっ、合ってる!

でもひとつ疑問点が・・・
SBI証券からもらった必要諸経費一覧にある国民年金基金連合会に支払われる移換時手数料2,777円はどこで取られてるの??
お知らせには載ってなかったし・・・
引くの忘れたのかな?あとから払ってって言われるのもイヤだし、これからお知らせがくるのかなとしばらく待っていたのですが、待てど暮らせどこない。
何か確認する術はないのかなーと思っていたところに、すっかり忘れていたもうひとつのお知らせが来ていたのを思い出しました。
SBI証券から「ID及び初期パスワードのお知らせ」というiDeCoの運用資産状況を確認できるマイページのようなWEBサイトができたのでアクセスしてくださいね。というお知らせが来ていたということを思い出しました。
そこ見れば解決するかもーと、さっそくログインしてみると、あっさり解決。
こっちが心配しなくてもしっかり国民年金基金連合会に支払われる移換時手数料2,777円は引かれた額が入金されていました。
お知らせに書いてあった振込金額から今口座に入っている金額を引いてみたらぴったり2777円でした。

20170705-1.jpg

これでやっと移換時の手数料の疑問点が解決
いやー、しかしわからないことだらけです。
調べるのにものすごく時間もかかりますし。前回の関係する各機関ひとつを調べるのにもネットで調べきれないところは、電話で問い合わせをしたりもしました。
でもひとつひとつ疑問を解決していくのはおもしろい!もっと勉強しないとなーと意欲がわいてきます。
これは今の自分にとってすごくプラスになっていて生活に張りと潤いを与えてくれてます(笑)

次は運用指図をするにあたってどんな商品を選んだらよいのか?を調べていきたいと思います。


今日も見に来てくれてありがとうございます。
↓ひと押しお願いします^^

にほんブログ村




参考になるトラコミュは・・・
暮らしを楽しむ  貯金、貯蓄、家計、お金に関すること  暮らしの見直し 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yo-haru

Author:yo-haru
8歳、3歳のこどもがいます。会社員せいかつをしばしお休み中。2017年5月から自宅で仕事を始めました。毎日があわただしい(^^ゞ


めざせ納得する生活!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ
にほんブログ村 ミニマリスト

follow us in feedly

ブログ村

アクセス数



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。