記事一覧

実家を片付ける 10

5月の母の日以来、実家には顔を出していませんでした。自分たちの用事はまだまだ詰まっていますが、ひと段落ついたので久しぶりに実家に行きました。そしてまた軽く片付け。
やはりお義母さんは、洋服の仕分けはしていませんでした。やっぱりなーと思いましたがしょうがない。
ダンナさんから「ソレ(洋服の仕分け)やらないと次に進まない!」と釘を刺されていました。
お義母さーん、次までには少しでもいいので洋服の仕分け進めてくださいね。


今回片付けたのは、居間にある収納棚?収納スペースというのでしょうか。
長押(なげし:参考)に板を渡して固定し収納棚が作られています。
これ、ダンナさんが実家にいる頃はなかったそうです。
モノが増えたため、おそらくお義父さんが作ったのだと思われます。

ここはもうお義父さんもお義母さんも手が届かないので、この上に乗っているモノは何年も動かされていない様子でした。
何年も動かされていない、置きっぱなしになっているのならもういらないモノだよね。と片付けに取りかかりました。

棚に乗っていたモノは、写真、レターセット・封筒・はがき類、フィルムカメラ、フィルム、ビデオカメラ、小物どっさりで、写真はまとめられるものはまとめて缶にしまい2階の物置となっている部屋へ、それ以外はほとんど処分しました。
ゴミになったモノの量は、45Lのゴミ袋×2、フィルムカメラ×5、ビデオカメラ×1、写真が入っていた缶×3、長さ50cmくらいのコミック本収納ケース×1

前回もそうでしたがレターセットや封筒類がものすごく多かったです。今回もポストカードがたくさん出てきました。きれいなポストカードがたくさんありましたが、たくさんありすぎでした。もうシミがついていたりカビ臭くなっていたり。うーん、もったいない。
郵便番号が5ケタの封筒も発見しました。郵便番号が7ケタになったのは、平成10年2月2日からだそうで、この封筒は少なくとも19年前のモノのようです。

20170630-3.jpg

フィルムカメラは5台。中に使いかけのフィルムが入ったままのカメラもありましたし、未使用のフィルムもどっさり。
カメラ、なんでこんなにあるんだろう・・・おそらく壊れて使えないカメラもあると思いますが、捨てずにそのままだったのかなと思われます。

棚の上には何もなくなったので、この棚自体を撤去しちゃえばすっきり。しかもこの棚、天袋の前にあってこの棚のせいで天袋に入っているモノが取れなくなっています。ダンナさんも椅子に乗ったくらいじゃ手が届かず、脚立でも用意しないと天袋の中のモノが取り出せなくなっているのです。



この棚の下、裏側部分にタオルハンガーのような手すりをつけて洋服ハンガーを掛けられるようにしており、洋服がどっさり掛かっています。その洋服があるので棚を取り外すのはやめてほしいそうです。

洋服がタンスにしまいきれずあふれているんです。
やっぱり洋服の仕分けを早めにやってもらわなければ。今の実家のタンスは着る服ではなく、着ない服を入れるためのタンスになっています。

とにもかくにも洋服の仕分け。他にも片付けるところはたくさんありますが、きっと洋服をなんとかしないと片付けは終わらないんだろうなと思います。
洋服の仕分けはお義母さんが自分でやると言っているのでまだ洋服の仕分けに関しては私は手を出すつもりはありませんが、あまりにも洋服を仕分ける作業が進まない場合は手伝わないといけないなと思っています。
お義母さんの最大の難関、洋服。洋服を捨てることにものすごく抵抗があるようです。
できれば捨てたくないというのが本心のようなので、私もダンナさんも洋服の仕分けを手伝う場合はいつもの片付けより気遣いが必要なんじゃないかなと思っています。
前に洋服を片付けた時は、ダンナさんのスパルタお片付けでしたが・・・→実家を片付ける 4
お義母さんの気持ち(取っておきたいけど捨てなくちゃならないというツライ気持ち)を傷つけないように、 手伝うことになった時は、うまく手伝えるように、お義母さんが仕分けるのにつまづかないように、人のお家を片付けるための心得というか手伝い方を、本やネットで情報収集しておこうと思います。


今日も見に来てくれてありがとうございます。
↓ひと押しお願いします^^

にほんブログ村




参考になるトラコミュは・・・
暮らしを楽しむ  すっきり暮らす  収納・片付け 


follow us in feedly
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

こんにちは~(o^-^o)
物が不足していた時代を過ごしていた世代のお片付け、他人事ではないなぁと思っていつも読んでいます。

自分の物を自分の意志で処分するのは良いのだけれど、「これ捨てるぞ!」と主人に言われると、なんとなく反発したい気持ちになってしまうんですよねw
自分のスペースの片付けには技術が必要だな~と思う今日この頃。(職場のレイアウト変更でバッサバッサと箱類袋類や輪ゴムなどを処分していたら、寂しい顔をしている人がいたのです!)

今後のご実家のお片付けの進捗状況も楽しみにしていますね(*^-^)

Re: No title

nako+さん
コメントありがとうございます。
ただ片付けるだけじゃなくて気持ちを汲みながら片付けていくって難しいと実感しています。
私たちにバッサバッサと捨てられているのにお義母さんは私たちの前では文句も言わない、いやな顔ひとつしないでいてくれるのですが、最近お義父さんは「もういいよーーーー」と、少しイヤになってきているようです。
やっぱり使わないモノでも捨てるということに抵抗を感じている様子。
それを上手に説得して片付ければまるく納まるんでしょうけど、実の親子はその辺容赦なしで、ダンナさんは大胆に捨てていきます(*_*;
そうでもしないと片付かないっていうダンナさんの気持ちもよーくわかります。
両方に板挟み状態のワタシです(笑)

このシリーズはまだまだまだ続きそうなのでまた遊びに来て下さいね(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yo-haru

Author:yo-haru
8歳、3歳のこどもがいます。会社員せいかつをしばしお休み中。2017年5月から自宅で仕事を始めました。毎日があわただしい(^^ゞ


めざせ納得する生活!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ
にほんブログ村 ミニマリスト

follow us in feedly

ブログ村

アクセス数